Case study

車種

  • ポルシェ

施工種別

  • プロテクションフィルム
2024.01.20 | PORSCHE 911 GT3 Type992

現代版ブラックバード!ポルシェ911GT3 Type992に全面マットプロテクションフィルム施工!

完成した施工事例をアップ前に誤削除しました。パキーン・・・と心が折れる音が聞こえました。

広報部獅子丸です。

 

気を取り直して・・・

今回は迫力のあるジェットブラックのポルシェ911GT3 Type992にXPEL STEALTHをフルボディに施工し、がっちりプロテクト&ガラッとイメージチェンジです♪

911GT3 Porsche

こちらはご入庫前のオリジナルの状態。この時点でも十分ド迫力です。

 

 

PPFを貼るタイミングは傷等のないサラの状態、つまり新車の状態がオススメ。
ということでこちらのお客様も新車でご納車のお手続きが終了した直後にポルシェセンター様より弊社自慢の積載車でお預かり、また施工後のお届けに伺いました。
弊社では陸送業経験者も在籍しております。安心してお車のお届け、お預かりをお任せくださいませ!
ローダー

※当該車種とは異なります。

 

入庫したら新車であってもまず細部まですみずみまでクリーニングを施したのちに、施工が始まります。

911GT3 フロントフード

911GT3 ノーズ

911GT3 リア

911GT3 ルーフ

ポルシェ911のボディパネルは平面部が無いといっても過言ではないほどの全曲面形状。あちらを伸ばして・・・ここにシワをまとめて・・・。

気泡やゴミの混入を防ぐためには時間との闘いです。しかし弊社には年齢は若けれど経験豊富なインストーラーが多数在籍しておりますので瞬時に閃き、サラッと貼り上げます。もちろん隙間も均一にビシッと。

データについてもXPEL社標準データをベースに、インストーラーの手によりさらにひと手間を加えてボディパネルの露出を抑えた弊社こだわりのデータを使用し、プレカットされたフィルムを貼り込んでいます。

弊社では施工場においてすべて純水を使用しており、また施工場自体もプロテクションフィルムを貼ることに特化した仕様となっております。

プロテクションフィルムをご検討の方は、ぜひ設備や施工の仕上がり等を事前にご確認をいただいたうえでのお店選びをお勧めしております。

 

そして完成した姿がコチラ!

 

911GT3 Front

911GT3 Tail

 

マット仕上げへとイメージチェンジしたことによりさらに迫力を身にまといました。

そしてもちろん車体の保護性能も折り紙付き。

 

伝統の自然吸気フラット6エンジンが奏でるサウンドはまさにこれぞポルシェ!という素晴らしいものでした。

4リッターで510ps、なんと1リッター当たり127.5psという超高出力を自然吸気、いわゆるNAでたたき出すポルシェの技術力には驚きを隠せません。

 

シックかつ大迫力の外観と、最強ともいえるボディ保護性能を手に入れたポルシェ911GT3 992型。

この度はご依頼誠にありがとうございました。

 


 

プロテクションフィルムとは・・・?

施工箇所を150ミクロンのポリウレタンフィルムで覆うことにより、走行中の飛び石による心配が無くなります。

また、プロテクションフィルムには傷の自己修復機能が備わっており、洗車傷のような擦り傷は太陽熱で修復する機能があります。

さらに、紫外線から車体の塗装を保護する機能もあるため、塗装の色あせを防止し新車時の塗装を長期間保護することが可能です。

愛車をプロテクトしつつ、今回のポルシェ911GT3のようにイメージチェンジも可能なプロテクションフィルムの施工は東京都江東区スマート・カーサービスにお任せくださいませ。

 

フィルムの施工価格は車種・施工箇所によりますので、お気軽に

https://protection-film.com/contact/protectionfilm/

 

までぜひお問い合わせください!

 

プロテクションフィルムの
お問い合わせ
セラミックコーティングの
お問い合わせ
カーケアの
お問い合わせ
tel03-6666-0826 LINELINEはこちら
tel LINELINEはこちら