Case study

車種

  • トヨタ

施工種別

  • プロテクションフィルム
2023.11.23 | トヨタ GRMNヤリス

迫力満点!刺激的!トヨタ GRMNヤリス サーキットパッケージへのマットプロテクションフィルムありがとうございます

 

この度はTOYOTA GRMN Yaris “Circuit Package”/トヨタ GRMNヤリス サーキットパッケージへXPELプロテクションフィルム STEALTH(エクスペル・ステルス)とXPELプロテクションフィルム Ultimate plus(アルティメット・プラス)プロテクションフィルムをフルボディに施工させていただきました。

 

こちらのお客様は基本部分にマット仕様を、細部についてグロス仕様をご要望されておりましたのでステルスプロテクションフィルムをメインに、部分的にアルティメットプラスをお選びいただいております。

アルティメットプラスフィルムでは艶感を維持したまま表面を保護でき、ステルスフィルムでは艶有塗装をマット艶消しの質感に変えつつ表面を保護できます。

今回は貼り分け仕上げ、およびサーキットパッケージということで通常のGRヤリスやGRMNヤリスラリーパッケージと異なり様々な付加パーツがございましたので当店で最適なデータの修正および作成を行いまして、可能な限り塗装面の露出しないデータで施工しています。

 

 

当社では新車であっても入庫時には入念な洗車および下地処理を行い、インストールのための準備を整えております。GRMNヤリス 洗車・下地処理

GRMNヤリス 洗車

施工場で使用する水はインストール用も含め水道水ではなくすべてフィルターを通した純水を使用しており、またフォーミングガンを使用しきめの細かい泡で洗車しております。

 

洗車と下地処理が完了したらいよいよ施工が始まります。GRMNヤリス サーキットパッケージ リアウィング

データ作成の一部をお見せします。

当社が誇る職人の手作業で型を取り、こちらを最終的にはデジタル化し当社で保管しております。当社ではデータカットにこだわりを持っておりますのでもちろんこちらのウィングのパーツも作成時にカッターを使用しての手作業カットは行っておりません。

業界では難しいとされておりますが、車体へカッターの刃が入るリスク回避と、細部の仕上がりがデータカットの方が圧倒的に均一で美しく仕上がります。

 

 

アウタードアハンドルも職人手作りの当社オリジナルデータを作成し貼り付けております。

GRMNヤリス ドアハンドル

 

 

GRMNヤリス サーキットパッケージには通常のGRヤリスに加えカーボン製のボンネット、ルーフ、バンパーサイドダクトなどが装備されており外観の迫力がさらに増しております。

GRMNヤリス ルーフ施工中GRMNヤリス カーボンルーフこちらのルーフ、前後左右にフィルムを内部へ巻き込めるスペースがございましたので仕上げ処理をこの後に行い細部まで隙をなるべく無くすように貼り込んでおります。

 

GRMNヤリス ボンネット

ボンネットに関しましても、GRヤリスのデータをベースとしてボンネット中央のダクト部をデータ作成しております。

 

 

またGRMNヤリス サーキットパッケージは通常のGRヤリスに加え機構面においても前後機械式LSDやクロスミッション、強化型メタルクラッチ、レカロ製フルバケットシートなどが装備されています。その名の通り、そのままサーキットを走れる仕様ですね。

お預かり時に当社積載車に乗せるためにスタッフが少々運転させていただきましたが、かなり刺激的な乗り味のお車だったようです。

当社では自社でフラットローダータイプの積載車を所有しており、新車のお車であっても最低限の走行でお預かりさせていただくことが可能です。

ローダー

※画像は当該車種とは異なります。

 

 

完成した車両がこちらです。

GRMNヤリス 完成

 

 

キラリと輝くプレシャスブラックパールをベースに、シックなイメージへと様変わりしたサテンマットブラックのボディとの対比が眩しいGRMNのエンブレム。トヨタのスポーツモデルにおける頂点の称号、Meister of Nurburgring。

GRMNヤリス フロントフェンダー

GRMNヤリス ヘッドライト

山椒は小粒でもぴりりと辛い。

比較的コンパクトな車体ながらも大型のスポーツカーをも凌駕する迫力を身にまとったGRMNヤリス。

マットプロテクションフィルムはマット塗装と違いメンテナンス性に優れており、洗車の度に艶が出てしまう心配もありません。

傷がつきにくく、薄い傷は熱による自己修復機能も備わっておりますのでストレスなくご利用いただけます。

街行く人々の視線を釘付けにする迫力とボディの保護性能をまとったGRMNヤリス サーキットパッケージ。

この度はご依頼誠にありがとうございました。


 

プロテクションフィルムは施工箇所を150ミクロンのポリウレタンフィルムで覆うことにより、走行中の飛び石による心配が無くなります。

 

また、プロテクションフィルムには傷の自己修復機能が備わっており、洗車傷のような擦り傷は太陽熱で修復する機能があります。

さらに、XPELプロテクションフィルムは塗装を傷めず容易に剥がすこともでき、美しいコンディションを永きにわたり維持していただけます。

 

愛車をプロテクトしつつ、今回のGRMNヤリス サーキットパッケージのようにイメージチェンジも可能なプロテクションフィルムの施工は東京都江東区スマート・カーサービスにお任せくださいませ。

 

フィルムの施工価格は車種・施工箇所によりますので、お気軽に

https://protection-film.com/contact/protectionfilm/

 

までぜひお気軽にお問い合わせください!

 

プロテクションフィルムの
お問い合わせ
セラミックコーティングの
お問い合わせ
カーケアの
お問い合わせ
tel03-6666-0826 LINELINEはこちら
tel LINELINEはこちら