Case study

車種

  • BMW

施工種別

  • プロテクションフィルム
  • セラミックコーティング
2023.05.14 | BMW G82 M4

燃え盛る炎!?ファイアーオレンジのBMW M4をステルスプロテクションフィルムでマットにイメージチェンジ♪

今回は BMW M4ファイヤーオレンジ塗装の車体全体的に『XPEL STEALTH(ステルス)』のご依頼いただきまして

 

珍しいマットオレンジカラーへのイメージチェンジとなりましたのでご紹介させて頂きます。

 

 

今回はお客様ご来店にてご入庫頂いております。

 

外装エクステリアにはファイアーオレンジ塗装とグロスのカーボンパーツがございますが、全てステルスにてマット仕様でのご注文となりました。

 

 

施工前に入念な洗車及び細部のクリーニングをしていきます。

 

今回はコーティング施工済みの車両となりますので、洗車後にプロテクションフィルムを施工するのに適しているかの試し貼りを実施します。

 

プロテクションフィルムはコーティングされた車両の表面に施工する事が可能ですが、プロテクションフィルムの定着を低下させてしまうコーティングも有りますので

当店ではコーティングの有無をお聞きして施工済みの車両には定着チェックを実施しております。

 

今回は定着を低下させるコーティングと判断した為、お客様とお話しの上コーティング表面層を研磨させていただき、本来の定着がされているかを確認した上での施工となりました。

 

 

『STEALTH(ステルス)』フィルムは『ULTIMATE PLUS(アルティメット)と比べてマット(半艶)な仕上がりとなりますので

保護とイメージチェンジを目的とするお客様にとっては大変人気のフィルムとなっております。

 

純正のマット塗装は表面に油脂汚れや埃、傷痕が目立ちやすく、擦ってしまうと艶が出始めてしまう為、お手入れが容易ではありません。

 

傷が付いてしまった際の再塗装も色によっては色味が合わず、隣接するパネルとの違和感が出てしまうため、完全な再生ができない場合もございます。純正のマット塗装はそれ相応の施工技術が必要となり、したがって通常のグロス塗装より3倍以上の費用がかかる為、マット塗装の取扱には十分に注意が必要です。

 

『XPELSTEALTH(ステルス)』は(純正の)マット塗装の悩みを完全に解消する事ができますので、現在大変多くのお客様にお選び頂いております。

 

 

全ての箇所へ『XPELSTEALTH(ステルス)』施工が完了した BMW M4 をご覧ください。

 

ファイヤーオレンジ・カーボンパーツ・ピアノブラックパーツの全てがマットに変わりました。

 

 

 

 

 

 

プロテクションフィルム施工完了後に専用のコーティングもご依頼頂いております。

 

XPEL FUSION PLUS(フュージョンプラス)』は疎水性のセラミックコーティングで汚れや液体をはじき、フィルムのメンテナンス性を向上させ、環境汚染物質、有害な紫外線、及び昆虫の酸等から表面を保護します。

 

 

 

とても特別感のある一台に完成いたしました!

 

 

この度は当店へのマットプロテクションフィルムのご依頼を頂きまして誠にありがとうございました。

 

プロテクションフィルムは施工箇所を150ミクロンのポリウレタンフィルムで覆うことにより、飛び石による傷の心配が無くなります。

 

また、傷の自己修復機能が備わっており約12ミクロンまでの擦り傷は太陽熱で修復する機能があります。

 

さらに、プロテクションフィルムは塗装を傷めず容易に剝がすこともでき、美しいコンディションを永きにわたり維持していただけます。

 

愛車をプロテクトしつつ、イメージチェンジも可能なプロテクションフィルム施工は東京都江東区のプロテクションフィルム専門店、スマート・カーサービスにお任せくださいませ。

 

フィルムの施工価格は、車種・施工箇所によりますので、お気軽に

 

https://protection-film.com/contact/protectionfilm/

 

までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

プロテクションフィルムの
お問い合わせ
セラミックコーティングの
お問い合わせ
カーケアの
お問い合わせ
tel03-6666-0826 LINELINEはこちら メルマガメルマガはこちら
tel LINELINEはこちら メルマガ