Case study

車種

  • ベンツ

施工種別

  • プロテクションフィルム
2023.01.10 | Mercedes-Benz G400d

白と黒の美学。メルセデスベンツG400dにフルボディ&サイドステッププロテクション!

メルセデスベンツG400d(Mercedes-Benz G400d)の車体全体とステップにプロテクションフィルム施工いたしましたのでご紹介させていただきます。

 

今回のお客様はマット塗装のお車の塗装面と、お車に乗り降りする際ステップに傷が付きやすいため、ステップ部分も保護したいというご要望でご注文をいただきました。

 

 

施工内容は

 

・車体全体:XPEL STEALTH〈エクスペル ステルス/艶消しタイプ〉

・サイドステップ:XPEL ULTIMATEPLUS〈エクスペル アルティメットプラス/〉

 

となっております。

 

 

プロテクションフィルムの最大の敵は塵や埃です。

施工前には車体全体を徹底的にクリーニングしていきます。

 

 

細部は小さなブラシで洗浄します。

当店では洗車・下地処理と、フィルムを貼る前の作業も丁寧に行うことを心掛けております。

 

 

お車のチェック・クリーニングが完了したら、実際にフィルムをパーツに施工していきます。

 

まずはドアミラー。

小さなパーツですが丸みを帯びたパーツになるためフィルムのシワができやすく、難易度の高いパーツになります。

 

 

エクスペルデザインアクセスにより引き出したデータは実際のパーツに対して小さいため、データを修正して露出面を少なくしております。

 

 

絶妙なストレッチをかけて、フィルム端にできたシワを引き伸ばしながら作業を進めていきます。

 

 

大きなボンネットは施工時間が長くなると、フィルムが定着している箇所と定着していない箇所の間に線が残ってしまったり、フィルム内に埃などが混入してしまうリスクがあるため素早く行っていきます。

 

 

どこから施工を進めていくかをイメージしながら、フィルムにストレッチをかけてシワを伸ばし、スキージー圧を一定にして空気やシワを分散して、プレスラインにも施工液が残らないよう注意します。

 

 

スペアタイヤカバーは一度取り外してから作業を行います。

 

 

タイヤカバーもフィルムの端にシワができやすいのでストレッチをかけながら作業を進めますが、伸ばしすぎるとフィルムの余分なのシワができてしまうのでパーツに収まるように施工していきます。

 

 

タイヤカバーの見えない部分もデータ修正し、塗装の露出面を少なくしております。

 

 

パーツとフィルムの位置合わせもピッタリと合わせて貼っていきます。

 

 

全ての工程を終え、完成した車両がこちらです。

 

 

XPEL STEALTHの艶が浮かび上がり、車体全体を保護できるボディとなりました。

 

 

サイドステップも乗り降りの際にできてしまう傷も確実に保護できるようになりました。

 

 

プロテクションフィルム価格は高額なイメージですが、道路走行中に飛び石などによりボディやフロントガラスに傷がついてしまうため、売却時の査定にも大きく影響してしまいます。

プロテクションフィルム施工しておくことにより、飛び石被害のリスクを軽減し、綺麗な状態を保持することができます。また、UVカット効果もございますので紫外線による劣化も防ぎます。

当店では傷が付いてしまう前のプロテクションフィルム施工をお勧めしております。

 


 

この度Mercedes-Benz G400dへの施工は

 

・プロテクションフィルムフルカバーセット

・サイドステップ

 


 

プロテクションフィルムには施工箇所を150ミクロンで覆うことにより、飛び石による傷の心配が無くなります。

 

また、傷の自己修復機能が備わっており約12ミクロンまでの擦り傷は太陽熱で修復する機能があります。

 

さらに、プロテクションフィルムは塗装を傷めず容易に剝がすこともでき、美しいコンディションを永きにわたり維持していただけます。

 

愛車をプロテクトしつつ、イメージチェンジも可能なプロテクションフィルム施工は東京都江東区のプロテクションフィルム専門店、スマート・カーサービスにお任せくださいませ。

 

フィルムの施工価格は、車種・施工箇所によりますので、お気軽に

 

https://smart-auto.co.jp/protectionfilm

 

お問い合わせくださいますようお願いいたします。

 

プロテクションフィルムの
お問い合わせ
セラミックコーティングの
お問い合わせ
カーケアの
お問い合わせ
tel03-6666-0826 LINELINEはこちら メルマガメルマガはこちら
tel LINELINEはこちら メルマガ