Case study

車種

  • ベンツ

施工種別

  • プロテクションフィルム
2022.09.27 | Mercedes-Benz G63

マットブラックのメルセデス Gクラス(ゲレンデ)にプロテクションフィルムを施工しました

今回はマット塗装のメルセデス Gクラス(ゲレンデ)の車体全体にXPEL STEALTH/艶消しタイプのプロテクションフィルム施工のご依頼をいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

施工内容は

 

・フルボディ:XPEL STEALTH(エクスペル ステルス/艶消しタイプ)

・フロントガラス:STEK DYNO flex(エステック ダイノ フレックス)

・サイドステップ:STEK DYNO black-matt(エステック ダイノ ブラックマット)

 

となっております。

 

 

今回のお車は車体がマットブラックですが、マットブラック塗装は雨染みや洗車後の水滴が染みになりやすいのでメンテナンスが非常に難しく、オーナー様も悩まれておりました。

そこで、プロテクションフィルム施工することにより染みの解消やお手入れもしやすくなることをご案内させていただき、車体全体のプロテクションフィルム施工のご注文をいただきました。

ご自宅が関西ということで、遠方でしたが自走で当店までお越しいただきました。

 

 

関西からの走行で車体も汚れてしまっているので、まずは車体を徹底的に洗浄していきます。

ホイールもブレーキダストが付着し、プロテクションフィルム施工時のダストの混入を防ぐために念入りに洗浄します。

 

 

当店では洗浄・鉄粉除去・細部の拭き取りを丁寧に行っております。

こうした下地処理を行うことで、プロテクションフィルムを綺麗に施工することができ、数年後も美しい状態で保つ秘訣となっています。

 

下地処理が完了したら、エクスペルデザインアクセスプログラム(DAP)を使用して各パーツに合わせてプレカットデータ(データにとりカットしたフィルム)を作成します。

 

 

プロテクションフィルム(PPF)施工前にはこの様な下準備をし、ここからようやく施工に入ります。

 

各パーツにプレカットデータを置いていき、スキージー(ヘラ)を使用し施工していきます。

 

 

【ドアミラー】

湾曲ている部分に施工するためフィルムの端はシワになりやすいのですが、スキージーの種類とスキージー圧を変えながら施工していき、パーツとフィルムの位置を確実に合わせています。

 

 

施工後は見た目の違和感がなく仕上がります。

 

 

【ヘッドライトカバー】

小さなパーツですがヘッドライト周りには窪みがあり、スキージーの角度の調節も重要な技術になります。

また、フィルムは突き合わせ部分があるのでフィルムとフィルムの間に隙間ができないよう注意します。

 

 

ヘッドライト周りにピッタリと位置を合わせ、フィルムの突き合わせ部分にも違和感なく仕上がりました。

 

 

【トランク】

トランク部分は一度スペアタイヤを取り外してから作業を行います。

DAPデータによるとスペアタイヤの取り付け部分は切り取られていましたが、データ修正をして取り付け部分の周りまでカバーできるデータを作成いたしました。

 

 

スペアタイヤカバーの周りもフィルムの端がシワになりやすいのでフィルムをしっかりと塗装面に定着させて貼っていきます。

 

 

リングは曲線になっているので、フィルムにストレッチをかけながら作業していきます。

当店では見えない部分も確実にプロテクションフィルム施工し、ボディをカバーしていきます。

 

 

【リアクオーター】

車体の前方から後方にかけて、とても大きく長いパーツになります。

フィルムはドアの部分が切り取りになっており、パーツにフィルムを置く作業だけでもとても難しく、Gクラスでは非常に難易度の高いパーツになります。

パーツが大きい分パーツとフィルムの位置合わせも多いので、スタッフは集中して迅速かつ丁寧に作業を行います。

 

 

当店のスタッフは仕上がりの美しさを追求し研究を重ね、難易度の高いパーツも確実に施工しております。

 

 

エンブレム周りもフィルムの位置は均等に施工して仕上げております。

 

 

全ての工程を終え、完成した車両がこちらです。

純正のマット塗装よりも艶が浮かび上がるマットブラックとなり、とても重みのある上品な仕上がりとなりました。

 

 

 

プロテクションフィルム施工後は、お手入れもしやすくなりオーナー様のお車への悩みも解消され、飛び石などの傷からも護ることができるボディへとなりました。

 

当店では快適なカーライフをお過ごしいただけるようメンテナンスも行っております。

 


 

この度 Mercedes-Benz G63への施工は

 

・プロテクションフィルムフルカバーセット

・フロントガラスプロテクションフィルム

・サイドステップ

 


 

プロテクションフィルムには施工箇所を150ミクロンで覆うことにより、飛び石による傷の心配が無くなります。

 

また、プロテクションフィルムには傷の自己修復機能が備わっており、約12ミクロンまでの擦り傷は太陽熱で修復する機能があります。

 

さらに、プロテクションフィルムは塗装を傷めず容易に剝がすこともでき、美しいコンディションを永きにわたり維持していただけます。

 

愛車をプロテクトしつつ、イメージチェンジも可能なプロテクションフィルムの施工は東京都江東区スマート・カーサービスにお任せくださいませ。

 

フィルムの施工価格は、車種・施工箇所によりますので、お気軽に

 

https://smart-auto.co.jp/protectionfilm

 

お問い合わせくださいますようお願いいたします。

プロテクションフィルムの
お問い合わせ
セラミックコーティングの
お問い合わせ
カーケアの
お問い合わせ
tel03-6666-0826 LINELINEはこちら メルマガメルマガはこちら
tel LINELINEはこちら メルマガ